スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トキの島抜け

昨年9月に雌雄5羽ずつ計10羽のトキ(学名:ニッポニア・ニッポン)が放鳥されました。

大々的に放鳥式が行われたため1羽ずつ木箱に入れられたトキは大勢のギャラリーに
びびって扉を開けられても中々飛び立とうとせず、手を突っ込まれて追い出されて
無事飛び立ちました。(見たわけではなく想像です)

放鳥前からトキを愛する人たちの手で休耕田の整備、ビオトープの作成、餌場の確保と
環境整備が整えられていました。
放鳥されたトキは満足の行く環境の元で生息していくものと誰もがおもっていたはずです。

ところが現時点で、2羽のメスが島抜けしてしまっています。

最初に抜け出した3号メスは越後を北から南に移動後、長野にも挨拶し終えて、今は
十日町のほうに戻っています。

2羽目の7号メスは現在、胎内、関川方面に居るようです。

同じ佐渡島内のこちら大佐渡方面には挨拶も無く皆、若い島民と同じように本土暮らしに
あこがれているようです。

こんなはずでは無かったと思った市長は怒り心頭で
「恩知らずをひっ捕まえて連れ戻せ。」と言ってるような気がします。(これも想像)

県知事さんは「トキは佐渡に戻るほうがノゾマシイ」
などと相変わらずどっちつかずのノーテンキなご意見。

これからも放鳥するたびに何羽かは同じように島抜けするのでしょうか?

トキも見限るさどがしま・・・

なんて言われだしたら、どうしよう。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

プロフィール
新潟県北部の漁師の次男坊で生まれ、情報産業に従事して退職後は佐渡島で生活。

nakajiki

Author:nakajiki
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。