スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相川、鉱山祭り

25、26日と相川鉱山祭りが開かれています。

今夜は太鼓集団「鼓童」の演奏がありますので夜に出かける予定ですが

雨はどうでしょうか?今はまだ晴れていますが予報は雨です。

鉱山祭りも佐渡金山の衰退に連れ昔の華やかさが薄れたようです。

高校時代3年間相川で過ごしましたが鉱山祭りのときは夏休みで

実家に帰省していましたので2年間は見たことがありませんでしたが

3年生の夏、下宿の人たちから最後の夏だからと進められていったん帰省して

いたのが又帰島して見物しました。

当時の相川の町並みは海岸通りは細い路地で車は通れず、バスや車は

未舗装の街中の道を軒を掠めながら走っていました。

晴れると砂ほこり、雨だと泥はね、道路の真ん中が盛り上がった砂利道で

車も歩行者も難儀しましたが、町は人どうりも多く、活気にあふれていました。

佐渡会館は今の相川支所の場所にあり、毎夜立浪会の実演が行われていました。

旅館の浴衣姿の観光客が町中にあふれ、数多いみやげ物店も活況を呈していました。

鉱山祭りのときは各職場や会社、団体、町内などで編成された「流し」が

でて、笛、三味線、太鼓のはやしにのせて、あけさの歌い手の美声が夜遅くまで

続きました。



退職して佐渡に住むようになって、高校時代大変お世話になった人から

声がかかり、鉱山祭りの神事に奉納される「やわらぎ」を手伝うようになりました。

相川の山手、山ノ神にある旧相川金山の鎮守「大山祇神社」の神前で

江戸時代の金掘り人足の姿でめでたい蓬莱節にあわせてたがねを打つ

しぐさをする古典芸能です。

今は相川小学校の生徒が受け継いでいます。

又、佐渡金山の坑道出口の方でも人形で実演しています。


各地の祭りの有り様も変化してきています。

佐渡金山とその後の佐渡観光で栄えた相川市街の繁栄も

今はむかし・・。

スポンサーサイト
プロフィール
新潟県北部の漁師の次男坊で生まれ、情報産業に従事して退職後は佐渡島で生活。

nakajiki

Author:nakajiki
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。