スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイキングで昼食

昨日、朝、田んぼに穂肥えをやろうとしたのですが前日吹き続いた

強風のせいで乾いてしまっているので給水して夕方に施肥することにして

女房の歯医者に同行して出かけました。

金井、佐和田、相川と回ってきました。

100円ショップ、電気量販店、園芸資材量販店、呉服店、大体定番コースです。

出かけると毎回外食するのが楽しみの一つです。他に楽しみがないのが悲しいですが、

中華、定食、回転すし、そば定食などなど・・

その一つに、直訳すると「老人村」と訳せそうなバイキングレストランがあります。

一人¥830-と格安な料金で刺し身や握り、アラ汁など魚主体でほかに

そばや中華風メニューもあり家族連れで賑わっています。

私も前からよく利用しています。

ここは、私が佐渡に暮らし始めたころは一人¥1,000-でした。

そこそこに賑わっていました、

それが、人気におぼれたかどうか知りませんが¥1,300-だか¥1,350-だかに

なりました。

昼の時間が終わる頃に入るとほとんど品物は無く、有っても乾いたものばかり

不満な客を無視して隅のほうで、店員同士が賑やかに談笑しながら食事をしている

状態でした、

これでは二度と客は行きません。

私もそうでした。

それが、今年になってからだか定かではありませんが、安くなってサービスも良くなった

と聞き、覗いて見ました。

不快感を与えた店員の顔ぶれは見当たりません。料金も格安です。

又、ちょくちょく利用させてもらっています。

先日は、何気なく入って見たらマグロ祭りとかで、大謀網で上がったばかりの

メジマグロ(本マグロの小型)の刺し身、握りが食べ放題。

ものすごく得した気分になりました。

佐渡に住んでいると新鮮で豊富な魚介類、野菜それにうまい米、安価な価格で

味わえますが、それが当たり前になってしまってありがたさを忘れてしまいがちです。

時には海を渡って本土で味覚をご破算にしてきて佐渡の食生活のありがたさを

再確認することが大切です。

明日、母の一周忌の法要をおこないに帰省します。

本土の味をかみ締めてきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
新潟県北部の漁師の次男坊で生まれ、情報産業に従事して退職後は佐渡島で生活。

nakajiki

Author:nakajiki
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CalendArchive
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。